大人になってからのお勧めの習い事の特集サイトです

おいしく紅茶をいれるコツと知識をお探しですか?

おいしく紅茶をいれるコツと知識をお探しですか? はコメントを受け付けていません。

あなたのお友達がお家にやって来た時に、おいしい紅茶を入れてあげたいと思ったことはありませんか?

インスタントのティーバッグではなく、ぜひ本格的なリーフティーでおもてなしをしましょう。

おいしく紅茶を入れるには、ちょっとしたコツがあります。

【紅茶をおいしく入れるコツ】※基本編

  1. 汲みたての軟水を使う
  2. お湯はグラグラに沸騰したもので
  3. 陶磁器か銀製、またはガラスポットを使用する
  4. 香りの広がりを楽しむため、カップは浅いものを使う

 

一口に紅茶と言っても、様々な種類があります。

世界の3大紅茶といえば、①ダージリン ②ウバ ③キーマン です。

 

ダージリンは、マスカットのような爽やかな口当たりと芳醇な香りが特徴で、紅茶のシャンパンという別名もあるくらいです。

水色は薄い茶色で、ストレートティーに向いています。

 

ウバの色は美しく、濃いオレンジ系をしていて、甘い香りがします。

タンニンの含有量が多いために、渋みも強い傾向があります。カップに注いだとき内側に出る金色の光は「ゴールデンリング」と呼ばれます。
ミルクティーに向いています。
キーマンは、渋みが少なく、甘みが強いです。

香りもほのかに甘く、味にクセがあるので、好みは分かれるかもしれません。

ミルクティーにもストレートにも合います。
それぞれの味には特徴があり、味や香りを引き出すための入れ方にも、紅茶の種類によっても気をつけたいところです。

紅茶3種

紅茶は世界の8割の国々で愛されており、広く普及した飲み物です。

お菓子に合った紅茶をさりげなく、おいしく入れられるようになりたいですね。

上品な香りがする紅茶を上手に入れられるようになりたいという人日本ではが年々増えており、紅茶コーディネーターという資格もあるほどです。

紅茶コーディネーターとは、日本創芸学院が紅茶の知識と技能を身につけたい人のために認定している資格のことです。

紅茶のことを本気で習いたい人、本格的な紅茶の入れ方や知識を身につけたい人にはピッタリの講座です。

紅茶に関するお仕事に就きたい人にお勧めすることはもちろんのこと、趣味で紅茶を習いたいという人にもお勧めです。

気軽に始められ、また一生ものの知識と技術を身につけられる通信講座もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

脱毛