タグ別アーカイブ: 在宅

自分だけの庭造り ガーデニングの基礎知識

他人の家の庭を見てステキ!と思ったことはありませんか?

その庭は花と緑がいっぱいだったのではないでしょうか?

そう思ったあなたは立派なガーデナーになれる素質があるかもしれませんね。

ガーデニングに興味を持つということは、植物に興味を持つということです。

あなたに庭をあなたのセンスでデザインできればステキですね。

 

実は奥が深いガーデニング

ガーデニングは植物を庭にデザインするものです。

一見デザインのセンスが問われそうな気がしますが、実はそうではありません。

華やかに見える花やそれを引き立てる緑の葉に目がいきがちですが、最も大事なものが実は「土」なのです。

立派な植物を育てようと思えば、良質な土が必要です。

良質な土とは、水の抜けが良く通気性の良い土のことで、そうした土は植物の根が育成しやすい土です。

ステキなガーデニングにはしっかりとした土づくりと、植物を育成するための知識が必要という訳です。

雑貨の選択にも気を配ることが、ステキなガーデニングのポイントです。

土の色と緑は良く合いますが、用意した雑貨が人工的な色合いだと、緑が映えずに庭に統一感が無くなってしまいます。

ガーデニングは簡単に見えて意外と奥が深いものです。

ガーデニングの基本を抑えた上で、緑に囲まれたステキな庭を作りあげたいですね。

おいしく紅茶をいれるコツと知識をお探しですか?

あなたのお友達がお家にやって来た時に、おいしい紅茶を入れてあげたいと思ったことはありませんか?

インスタントのティーバッグではなく、ぜひ本格的なリーフティーでおもてなしをしましょう。

おいしく紅茶を入れるには、ちょっとしたコツがあります。

【紅茶をおいしく入れるコツ】※基本編

  1. 汲みたての軟水を使う
  2. お湯はグラグラに沸騰したもので
  3. 陶磁器か銀製、またはガラスポットを使用する
  4. 香りの広がりを楽しむため、カップは浅いものを使う

 

一口に紅茶と言っても、様々な種類があります。

世界の3大紅茶といえば、①ダージリン ②ウバ ③キーマン です。

 

ダージリンは、マスカットのような爽やかな口当たりと芳醇な香りが特徴で、紅茶のシャンパンという別名もあるくらいです。

水色は薄い茶色で、ストレートティーに向いています。

 

ウバの色は美しく、濃いオレンジ系をしていて、甘い香りがします。

タンニンの含有量が多いために、渋みも強い傾向があります。カップに注いだとき内側に出る金色の光は「ゴールデンリング」と呼ばれます。
ミルクティーに向いています。
キーマンは、渋みが少なく、甘みが強いです。

香りもほのかに甘く、味にクセがあるので、好みは分かれるかもしれません。

ミルクティーにもストレートにも合います。
それぞれの味には特徴があり、味や香りを引き出すための入れ方にも、紅茶の種類によっても気をつけたいところです。

紅茶3種

紅茶は世界の8割の国々で愛されており、広く普及した飲み物です。

お菓子に合った紅茶をさりげなく、おいしく入れられるようになりたいですね。

上品な香りがする紅茶を上手に入れられるようになりたいという人日本ではが年々増えており、紅茶コーディネーターという資格もあるほどです。

紅茶コーディネーターとは、日本創芸学院が紅茶の知識と技能を身につけたい人のために認定している資格のことです。

紅茶のことを本気で習いたい人、本格的な紅茶の入れ方や知識を身につけたい人にはピッタリの講座です。

紅茶に関するお仕事に就きたい人にお勧めすることはもちろんのこと、趣味で紅茶を習いたいという人にもお勧めです。

気軽に始められ、また一生ものの知識と技術を身につけられる通信講座もあります。

安くて美味しい通販コーヒー

いいかげんクセ字を治したい!

あなたはキレイで読みやすい文字を書くことができますか?

[字は心を表す」という言葉があるように、美しい文字を書くだけで、頭が良い、性格が素直、教養がある、などの印象を持っている人は多いです。

大人になってもクセ字、丸文字という人は意外と多いと言われています。

最近はPCが普及し、あまり仕事で文字を書くことも少なくなりました。

しかし、全ての書類がPCでの印字になった訳ではありません。

封筒への宛名書きや履歴書などは自分の手で書く必要があります。

そんな時に、あなたが自然に美文字を書くことができれば、相手に与える印象がグッと良いものに変わってくるでしょう。

お祝い

美文字にはコツがあります。

字の形ももちろんですが、文字と文字の間隔や、ひらがなの大きさに気を配るだけで印象がガラリと変わります。

また、漢字は種類が多く、覚えるのが大変のように思いますが、実はそんなことはありません。

漢字はいくつかのパーツで構成されています。

「親」という漢字がありますね。

[木のうえに立って見る] と書いて親と読みますが、ここで使われているパーツは、立、木、見です。

親という漢字は画数が多いですが、それぞれのパーツは簡単な漢字で構成されていますね。

それぞれの簡単な漢字をキレイに書くことができれば、後はバランスを整えるだけで、自然とキレイな文字になります。

コツが分かれば、何度も繰り返し文字を書いて練習するだけです。

ペン習字の良いところは、すぐに成果が出て、しかもそれが自分の目で見て分かることです。

そのためモチベーションも保ちやすく、続けやすい習い事のひとつです。

あなたも少しの努力で美文字を手に入れましょう!